横浜市内を中心に神奈川県、東京都全域に対応

障害年金の申請なら

横浜障害年金センタ

〒222−0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3−1−2
LA.PRYLE新横浜514

受付時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

運営:社会保険労務士・行政書士 オフィス松永

認定率95%の実績

初回相談無料   

045-475-1804

代表者ごあいさつ

松永 時雄

資格

社会保険労務士、行政書士、監理技術者、第一種衛生管理者、統括安全衛生責任者、職長・安全衛生推進者、Microsoft office Specialist(Word、Excel、P.P)、上級救命技能認定証、1級小型船舶操縦免許、将棋5段

経歴

1961年 千葉市生まれ
1979年 岡山県立倉敷天城高校卒業
1983年 明治大学政治経済学部卒業
 同年  中堅商社へ入社、営業職
2004年 同社で管理部門へ異動
2008年 社会保険労務士登録

所属

全国社会保険労務士会連合会
神奈川県社会保険労務士会
東京都社会保険労務士会 障害年金実践研究会
中小企業福祉事業団 幹事
日本行政書士会連合会
神奈川県行政書士会

ごあいさつ

 私の父は脊髄小脳変性症という難病を患い10数年間の闘病生活の末、他界しました。50歳台前半に発病し、最後の7年間は人工呼吸器を付けてベットで寝たきりの状態でした。
 しかし、障害年金はいっさいもらっていませんでした。
 なぜなら、障害年金という制度自体、まったく知らなかったからです。医師も看護師も周りの方々も誰一人、障害年金のことを教えてくれませんでした。
このようなことがあってはならないのです。
 当時の私に
今の知識の10分の1でもあれば、当然、父の障害年金の請求をしてすんなりと2級、そして1級へと認定を受けていたことでしょう。
 支給されるべき人すべてに障害年金がいき渡るような社会であって欲しいと願うばかりです。 私
が障害年金に携わるようになったのは、このような経緯があったからです。

 日頃、障害年金の代理業務を行っていると、初診日の証明が取れないケースなど請求すること自体、難しい案件に遭遇することがあります。そんなときこそ私どもの出番です。
 私の長所は「ひとのためならば頑張れる」ことです。難しい案件であればあるほどムクムクと力が湧いてくるのを実感します。
 ありとあらゆる可能性を追求して障害年金の認定に導きます。
この請求が認められれば、この方の人生が変わるのだと毎回、自分自身に言い聞かせて業務に取り組んでいます。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください
初回相談無料

 障害年金の認定率95%の実績 

045-475-1804

受付時間:9:00~18:00
(土日祝日を除く。ただし、お急ぎの場合はOK)

 お問合せはこちら

   お電話はこちら

045-475-1804

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

無料相談フォームはこちら

   ごあいさつ

松永時雄

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

 代表者ごあいさつ