横浜市内を中心に神奈川県、東京都全域に対応

障害年金の申請なら

横浜障害年金センタ

〒222−0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3−1−2
LA.PRYLE新横浜514

受付時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

運営:社会保険労務士・行政書士 オフィス松永

認定率95%の実績

初回相談無料   

045-475-1804

障害認定日とは

原則

障害認定日とは、障害の程度を認定すべき日のことで、次のいずれかの日を言います。
 

ケース障害認定日
障害の原因となった傷病が治っていない場合(症状が固定していない場合を含む)初診日から1年6ヶ月を経過した日
初診日から1年6ヶ月を経過する前に、障害の原因となった傷病が治った場合(症状が固定した場合をむ)治った日(症状固定日)


最もポピュラーな請求パターンである障害認定日請求では、障害認定日以後3ヶ月以内の診断書の提出が求められます。

特例

初診日から1年6ヶ月を経過する前に傷病が治っていなくても、次のようなケースでは障害認定日の特例が認められています。
 

 施術または傷病障害認定日
 人工透析療法透析開始から3ヶ月経過した日
 人工骨頭または人工関節の挿入置換挿入置換した日
 心臓ペースメーカー、ICD、人工弁の装着装着した日
 人工肛門、新膀胱の造設、尿路変更術施術した日
 切断、離断切断または離断した日(障害手当金の場合は創面が治癒した日)
 喉頭全摘出全摘出した日
 在宅酸素療法療法を開始した日
 脳血管疾患による機能障害初診日から6ヶ月経過後の症状固定日
 人工血管、人工心臓の装着装着した日
10 神経系障害で根本的治療法がない疾病今後の回復は期待できず、初診日から6ヶ月経過した日以後において気管切開下での人工呼吸器(レスピレーター)使用、胃ろう等の恒久的な措置が行われており、日常の用を弁ずることができない状態であると認められるとき
11 遷延性植物状態障害状態に至った日から3ヶ月を経過した日以後に、医学的観点から機能回復がほとんど望めないと認められるとき

 

その他のメニュー

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください
初回相談無料

 障害年金の認定率95%の実績 

045-475-1804

受付時間:9:00~18:00
(土日祝日を除く。ただし、お急ぎの場合はOK)

 お問合せはこちら

   お電話はこちら

045-475-1804

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

無料相談フォームはこちら

   ごあいさつ

松永時雄

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

 代表者ごあいさつ